漢方つれづれ

 
2020年6月1日(月)
暗病反(あんびょうたん)
 前回の明元素と反対に、暗くて病的で反抗的という意味から
つくられた熟語が暗病反です。
暗くて否定的な言葉の暗病反はできるだけ使わないようにしたいものです。
現状を維持する言葉でもあり、進歩がありません。

「忙しい。疲れた。どうせ。どうでもいい。やってられない。
難しい。つまらない。できない。いやだ。困難だ。ダメだ。
金がない。まずい。もう年だ。きたない。どうしよう。
バカヤロー。不幸だ。やりたくない。おもしろくない。困った。
マイッタ。苦しい。つらい。失敗した。わからない。大変だ」
このような言葉ばかりを並べていると、気持ちが沈んで益々暗くなってきます。
病気にかかっている方と接する機会が多い医師や薬剤師の方々は
意識して使わないことも必要なのではないでしょうか。
治療成果にも影響するのではないかと思うのです。

ページトップへ
2020年5月28日(木)
明元素(めいげんそ)
 明るく、元気で、素直に、という意味からつくられた熟語が明元素です。
明るくて元気がでる、顧客に好印象を与え、現状を打破する言葉でもあります。
景気が悪く、暗い時代にはもってこい。
わたくしどもを含め、商売に携わる人には明元素を使って、
明るく振舞っていきたいものです。

ありがとう。お元気さま。充実している。頑張ります。
簡単だ。おもしろい。できる。素敵だ。楽だ。やれる。
金がある。美味しい。まだ若い。きれいだ。努力します。
利口だ。幸せだ。やってみよう。楽しい。元気だ。素晴らしい。
試みる。イケル。可能だ。美しい。うれしい。挑戦します

このような言葉を常に発して、気持ちを切り替えておくと、
家(店)は明るくなり自然とお友達(お客様)が集まってきます。

そしてお客様の喜ぶ顔こそ、商売人の明元素です。
自粛が緩和されてお買い物に行かれる方も多いと思います。
どうぞ、楽しいお買い物をなさってくださいね。

ページトップへ
2020年5月18日(月)
きれい好きの功罪
 日本人は元来きれい好きな国民です。
免疫の世界では、細菌やウイルスを撃退する命令を出すTh1と
それ以外の異物を撃退するTh2(どちらもT細胞)があります。
日本では、戦後の高度成長とともに衛生環境も整ったため、
細菌やウイルスの危険にさらされることが激減しました。
その結果、Th1が使われなくなりTh2が増え、
アレルギー病が増えたと言われています。
Th1を増やすには昔のように子供に泥んこ遊びをさせたり、
納豆やヨーグルトなどの発酵食品をとったりすることがよいようです。
また、ある種の漢方薬を服用させるということもあるようです。

私たちの身の回りにはいろいろな共生菌がいて、人間を守ってくれています。
清潔志向の行き過ぎが、共生菌まで排除し体のバランスを崩しました。
アレルギーなどの現代病はそのつけが回って来たものです。

ページトップへ
2020年5月11日(月)
五月五日は「くすりの日」
 1400年前の5月5日に推古天皇が薬草採集したことから、
日本書紀に「くすりの日」として記録されています。
鹿の角袋(鹿茸)を取るために鹿狩りをする風習が
中国から朝鮮半島を経て我が国へ伝わったものです。
鹿は何千年も生きるとか、一頭の雄鹿が何百頭の雌鹿を従えると信じられ、
鹿の角や肉が不老長寿や強精薬として珍重されていました。

この「くすり狩り」はやがて生き物を殺すことを禁じる仏教の影響で、
薬草を採集することのみを指すようになりました。
宮廷の大切な行事のひとつでもあります。
端午の節句(5/5)を境に、気候が急に暑くなり、病気にかかりやすくなるため、
菖蒲、ヨモギを軒に挿し、ちまきや柏餅を食べて邪気を払う習慣ができたそうです。
日々の気温差が激しい現代にも通じることですね。
ページトップへ
2020年5月11日(月)
鉱物生薬で不老不死か
 古代人は自然界の恵みを口に入れて、薬効を調べました。
その色や形、味、生育地などからどのような働きがあるかを推測したと
言われています(いわゆる象形薬理)。
精神安定に働く鉱物生薬に竜骨や牡蛎などがありますが、
象形薬理的にいうと、重いものは気を鎮めて落ち着かせます(重鎮安神薬)。

また、鉱物生薬は、不老不死の薬でもありました。
腐ったり変質する植物・動物生薬と違い、鉱物は永遠に変わらぬ姿を保つため、
神仙薬として重宝されたのです。
中国の皇帝は、これが長寿につながると考えて、積極的にとり入れたそうです。
その中の雄黄(ゆうおう・一部ヒ素化合物を含む)や
丹砂(たんさ・一部水銀化合物を含む)など逆に毒性があり、
命を落とすものさえあったと言われています。
ページトップへ
2020年4月27日(月)
アンジー効果の是非
 将来がんになるリスクを下げるため、HBOC(遺伝性乳がん卵巣がん症候群)の
患者が受ける予防切除(がんになっていない部分をとる)。
その1年間(2018.9~2019.8まで)の手術件数が、乳房切除は85人、
卵管・卵巣切除は175人と発表されました。
HBOCの女性が生涯で乳がんになるリスクは40~90%と、
日本人女性全体の9%に比べて高くなっています。
また、卵巣がんになるリスクは20~60%となるそうです。

かつて米女優のアンジェリーナ・ジョリーさんがこの手術を受けて話題になり、
米国では希望者が急増したそうです(アンジー効果)。
賛否両論あるようですが、HBOCの女性にとって将来のリスクを
排除できるかもしれない選択が自分でできる時代になってきていることは
間違いないでしょう。
ページトップへ
2020年4月20日(月)
大神神社の鎮花祭
 花見の季節は過ぎてしまいましたが、季節柄「花」のつく行事が多い4月です。
桜が散る季節に合わせて行われるのが「鎮花祭(はなしずめのまつり)」です。
かつて桜が散る頃、花びらにのって疫病が蔓延し、人々を悩ませたことに始まります。
この疫神を鎮めるために行われたのが鎮花と言われ、
起源は大和時代にさかのぼります。
特に奈良県の大神神社(おおみわじんじゃ)の鎮花祭が有名で、
薬業関係の方々がたくさん参詣されます。

大神神社は、あの古代ロマン(記紀・万葉)の世界へ誘う
「山の辺の道」の桜井側にあります。
日本最古の神社で、後ろにそびえる「三輪山」がご神体です。
最近はパワースポットとして若い方にも人気があります。
疫病との闘いは大和時代から続いています。
来年の桜は、心穏やかに眺めたいですね。
ページトップへ
2020年4月13日(月)
美容にも大切な三余とは
 漢方では、髪・歯・爪をそれぞれ、血・骨・筋の余りと考えます。
それらをあわせて三余(さんよ)と呼びます。
まず髪は「血余(けつよ)」といわれ、血液の一部と考えられています。
貧血などで血液が不足すれば、体の末端にある髪の毛まで血液がまわらず、
髪は細くなってコシがなくなり、抜けたりします。
次に歯。体から唯一露出しているとされている骨ですが、歯が丈夫なら全身の骨格も丈夫です。
「腎(じん)は髄(ずい)を生じ、骨を主り、歯は骨の余り」といわれるように
腎の働きとかかわっています。
最後に爪。その半透明で硬い質感から、爪を骨の一部と勘違いしている人が多いようですが、
実はケラチンというタンパク質です。
別名「筋余」ともいわれる爪は、その構成成分から筋や皮膚に近く、
これらが角化したものと考えられています。
「肝は筋を主る」といわれるように、肝(かん)が健康でないと
爪がデコボコになったり、もろくなったり、爪の色が白っぽくなったりするのです。

このように漢方では見た目でその方の体質を診る「望診(ぼうしん)」というものも
大切にしています。
ページトップへ
2020年4月6日(月)
認知症に間違いやすい疾患
 80歳以上で腰の痛みがある人は、痛みがない人に比べて
認知症になるリスクが半分になるそうです。
80歳以上で腰の痛みを感じること自体が、
脳の機能を維持できている証拠でもあります。

認知症のように見えても認知症ではない場合がたくさんあります。
よく言われるのは「加齢に伴う物忘れ」です。
たとえば、朝食で何を食べたか思い出せないなど記憶の一部を忘れてしまうのに対して、
「認知症による物忘れ」では朝食をとったこと自体を忘れてしまうのです。
そのほか、うつ病やせん妄、甲状腺の機能低下などがあります。
認知症とされた人の2.6%が甲状腺の機能が低下していたとの報告もあります。
心配な方は、しっかり検査を受けて、早めに治療を受けましょう。
ページトップへ
2020年3月30日(月)
一無・二少・三多
 元気で長生きするには「一無・二少・三多」が肝要です。
一無」は、タバコは吸わない。
喫煙の習慣は、ストレスを解消したり、ダイエットに適している
という方もおられますが、煙を体内に入れるのは、百害あって一利なし。
特に周りの害(副流煙の害)は計り知れません。

二少」は食事と酒量のこと。
どちらも程々にできれば、体にとってこれほど素晴らしいものはありません。
欲の強い人間にとってはセーブが必要です。

最後に「三多」は「多動、多休、多接」です。
「多動、多休」はたくさん動いて、たくさん休むことです。
多動でないと多休とはいかないでしょう。
「多接」とは多くの人や物に接して創造的な生活をすること。
人はひとりでは生きていけませんので。
ページトップへ
2020年3月23日(月)
紫根牡蛎湯
 紫根牡蛎湯(しこんぼれいとう)をご存知でしょうか。
紫根牡蛎湯は、無名の頑瘡(がんそう:病名がわからないが、手足や顔、胸背などにできて、
なかなか治らない皮膚病、リンパ・乳腺の腫物、膿瘍などをさす)に
よく使用される漢方処方です。
頑瘡はすぐには治らない、治ってもよく再発する、繰り返し起こり
慢性化するといったたちの悪いものです。
そのような腫物に対して著効を示すのが紫根牡蛎湯です。

この処方の主薬である紫根(シコン)は、その昔、王侯貴族しか
用いることができない高貴な色で、庶民には高嶺の植物であったムラサキです。
紫根の植物名ムラサキは「群れ咲き」がなまったもので、
この名から紫色という言葉ができたそうです。
このシコンは、コウカ(紅花)、アイ(藍)とともに、日本三大色素のひとつです。
紫根は塗っても(紫雲膏:シウンコウという軟膏にも配合)、
飲んでも役く立つ貴重な薬草です。
ページトップへ
2020年3月16日(月)
PFAS
 花粉症の人が果物や野菜を食べるとノドがイガイガする、唇がはれる、
口の中がヒリヒリするなど口周辺に症状が現れる場合、
PFAS(Pollen-Food Allergy Syndorome花粉-食物アレルギー症候群)と考えられます。
花粉症のアレルギー反応は、鼻や目から体内に入った花粉を追い出そうとして
抗体が作られ、その抗体が花粉とくっつくことで鼻や目が刺激されます。

ではなぜ果物や野菜を食べると症状が出るのでしょうか。
それは花粉症の原因物質と似たタンパク質が果物や野菜に含まれているからです。
花粉はスギやヒノキだけではなく、年中何らかの花粉が飛んでいます。
スギやヒノキだとトマト、イネなどではメロンやスイカで起こりやすいようですが、
加熱すれば大丈夫だと言われています。
※ただし、大豆(特に豆乳、もやし)では加熱してもアナフィラキシーを起こす
 可能性があります。
 食材によっては注意が必要です。
ページトップへ
2020年3月9日(月)
板藍根を使いこなす
 中国では、抗菌抗ウイルスの働きで知られている板藍根(ばんらんこん)は、
藍染めに使われる藍と同系統のアブラナ科のホソバタイセイの根です。
漢方の薬能では、清熱解毒(せいねつげどく)薬に分類され、
熱を冷まし炎症を取る作用があります。


この処方は次のような方にオススメです。
①風邪をひきやすい方
②よく熱が出たり、ノドが腫れやすい方
③口内炎やヘルペスができやすい方
④細菌性の下痢で、おなかをこわしやすい方
⑤ニキビやお肌の出来物がよく化膿する方などに、
基本となる処方と併用して用いられます。
たとえば、①の場合には玉屏風散。②や⑤の場合には荊防敗毒散。
③や④の場合には黄連解毒湯というように。
また、最近では、口腔内細菌を抑える働きから
歯周病などにも応用されています。
ページトップへ
2020年3月2日(月)
からだのリフォーム?
 物を大切にする。大事に扱う。いわゆる「もったいない」精神からか、
衣類をリフォームして使う、家電などの故障もすぐに買い替えずに、
直して使うなど、景気が低迷する頃は、このような修理屋さんが繁盛するようです。
考えてみれば、我々薬屋もそもそも、からだの修理(修復)に
必要な物質を提供しているに過ぎません。
特に、体の器官は機械のように簡単に取り換えがききません
(これからはiPS細胞を使った再生医療で取り換えがきくかもしれませんが…)。
だからこそ、年相応、体力相応という考えに立って、
その状態にふさわしい生活に変えていく養生が大切です。

かけがえのない私たちの体、年をとったら無理をせず
マイペースで、ボチボチいきたいものです。
ページトップへ
2020年2月25日(火)
抗生物質の使い過ぎ
 最近では、かぜの治療に抗生物質を出さなくなりました。
以前はかぜといえば必ずと言っていいほど解熱剤や鎮咳剤、
抗ヒスタミン剤などと一緒に出されていました。
抗生物質は肺炎などを起こす病原菌には効果がありますが、
かぜの原因であるウイルスには効かないからです。

感染症の予防として、今も抗生物質が使われていますが、
抗生物質は腸内細菌に影響を及ぼすため、体に必要な菌まで殺してしまう
恐れがあります。これを使い過ぎると薬剤耐性菌ができるため、
いざ必要な時に効かず、高齢者を中心に8000人を超す日本人が
毎年死亡しているとニュースになりました。
そんな時、漢方の抗生物質といわれる荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)が重宝します。
殺菌効果があり、耐性菌をつくらないからです。
ページトップへ
2020年2月17日(月)
鼻炎から咳へ
 花粉症の季節です。鼻炎に苦しめられている人がたくさんおられます。
かつて、鼻炎といえばちくのう症が多かったものです。
現在は副鼻腔炎(ふくびくうえん)といいます。
症状は粘り気のある鼻汁、鼻づまり、頭重など。
これが慢性化すると、後鼻漏(こうびろう:鼻汁が鼻の奥からノドに落ち込む)、
咳、痰、微熱などを引き起こします。

こんな時には、咳を治すよりも鼻炎を治すことが先決。
したがって、葛根湯加辛夷川芎(かっこんとうかしんいせんきゅう)や
辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)を使います。
花粉症を合併して副鼻腔炎を起こしている方にも用いられます。
ページトップへ
2020年2月10日(月)
奔豚気病
 ヘソのあたりから何か球のようなものが胸に向かって突き上げてくる。
それが数秒で胸に達すると、脈が早くなり、胸苦しさを訴える。
しばらくすると元に戻るが、発作の時には、
不安で立っていられなくなり、失神しそうになる。
これが漢方でいう奔豚気病(ほんとんきびょう)です。
まるで子豚が腹の底から胸に突き上げてくるようなので、このように呼ばれています。
気逆(きぎゃく)の一種で、パニック障害やヒステリーなどによく似ています。

漢方では奔豚湯(甘草、川芎、当帰、半夏、黄芩、葛根、芍薬、生姜、李根皮)や、
苓桂甘棗湯(りょうけいかんそうとう:小太郎漢方製薬にエキス剤あり)が用いられます。
現代医学では精神安定剤を中心に治療にあたります。
ページトップへ
2020年2月3日(月)
敗鼓皮丸という処方
 「叩き続けて破れた古い太鼓の皮」を使ってつくられた
「敗鼓皮丸(はいこひがん)」は、「むくんだ病気」に使われたといいます。
魯迅(ろじん)の父親の病気は全身がむくみ、
腹水がたまって腹が膨らむ難病でした。
このような病気を漢方では鼓腸(こちょう)といいます。
お腹が太鼓のように膨らんでいるから、破れた太鼓の皮で
つくられた薬を使えば治ると考えたようです。
単なる名前からの連想に過ぎない漢方薬を、
高名な漢方医でさえ処方する中国に、魯迅は失望しました。
腹水には、昔から小豆や鯉などをよく用い、
処方としては、赤小豆鯉魚湯(せきしょうずりぎょとう)などがあります。

現在では、補気建中湯(ほきけんちゅうとう)という服用しやすいエキス剤が
小太郎漢方製薬から発売されています。
このような腹水でお困りの方には、ぜひ一度お試しいただきたいと存じます。
ページトップへ
2020年1月27日(月)
足るを知る
 石庭で有名な京都の龍安寺。そのつくばい(茶庭の手水鉢)には
「吾唯知足」、皆さんもよく耳にされたことのある
「われただ足(た)るを知る」と刻まれています。
これは仏経の教えの「知足」です。
「足(た)るを知る者は貧しくても心は富み、
足るを知らぬ者は富んでいても心は貧しい」という教えです。
物欲、食欲、性欲など人の欲望には限りがありません。
その欲を抑え、分をわきまえることの大切さ
を説いています。
どこかで満足しなければ幸せ(健康や富など)が訪れないということでしょう。

漢方の「実証」の概念もそれに通じるように思います。
実証が虚証より健康という時代は終わり、
中庸こそ健康のベストなのではないでしょうか。
多過ぎても少な過ぎてもダメ。今増えている生活習慣病は
「足るを知らぬ者」のツケが身体に回って来ただけのように感じる次第です。
ページトップへ
2020年1月20日(月)
補天立極(ホテンリッキョク)
 直訳すれば「天を補い真っ直ぐたたせる」との意で、医学的には、
自然の摂理を大切にしながら、患者の病気を治すこと。
病気は決して医者の力だけで治しているわけではなく、
患者の持っている自然治癒力を最大限に引き出すことが大切であり、
そのために医者がいるという、幕末の名医・原老柳の考え。
漢方医学の治療原則にも通じます。

学の洪庵か、術の老柳」といわれた人です。
あの時代に緒方洪庵をしのぐ名声を博したほどの人物でした。
治療費の支払いも変わっており、名前を書いた紙に銭を包み、
水を張ったタライに入れるだけ。
時間がたつと紙は水に溶けて誰が幾ら払ったかがわからない。
貧しかろうが、金持ちだろうが、分け隔てなく治療に当たった
仁医でもありました。
ページトップへ
2020年1月14日(火)
二味の薬対
 漢方処方は数種の生薬の集合体で形成されています。
10種類程度からなる処方も中心となる生薬がわかれば、
自ずとその働きがわかってきます。
たとえば、柴胡(さいこ)剤は柴胡と黄芩(おうごん)のペアで
胸脇苦満(きょうきょうくまん)を取り除きます。
瀉心湯(しゃしんとう)類は黄連(おうれん)と黄芩のペアで、
心下痞硬(しんかひこう:みぞおちのあたりがつかえて硬い状態)を解消します。
また、甘草乾姜湯(かんぞうかんきょうとう:甘草と乾姜)や
小半夏湯(しょうはんげとう:生姜と半夏)など二味だけでできた処方があります。
この二味がベースとなり、甘草乾姜湯は人参湯(にんじんとう)や
小青竜湯(しょうせいりゅうとう)などを構成します、小半夏湯から
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)やニ陳湯(にちんとう)ができます。

二味の薬対(やくつい)は、相手を最大限に引き出す、まるで一組の夫婦(ユニット)
ようなものです。二味で最も繁用され、実際良く使われているのは、
痛みの芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)や
便秘の大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)でしょう。
ページトップへ
2020年1月6日(月)
令和2年はオリンピックイヤー
 あけましておめでとうございます。本年も「漢方つれづれ」をよろしくお願い致します。

2020年は東京オリンピックが開催されます。
東京では、二度目のオリンピックとなりますが、第1回目の1964年の
オリンピックを経験した世代では、クーベルタン男爵が唱えた
「オリンピックは参加することに意義がある」という言葉が、
今も脳裏に浮かびます。

昨今では、オリンピックやワールドカップなどの世界大会では、
出場するための予選が大変です。運よく参加できたとしても、
次に「勝たないといけない」「メダルの数を一つでも多く」との
風潮があります。
オリンピックの理想は、「人生にとって大切なことは成功することではなく
努力すること」
なのです。決して相手に勝つことだけではなく、
参加してその過程を楽しみ、世界の人々と平和に付き合う努力が大切なのです。
ページトップへ
2019年12月23日(月)
白朮(びゃくじゅつ)と蒼朮(そうじゅつ)
 間もなくお正月。お正月といえば初詣。京都では八坂神社のオケラ詣りが有名です。
お詣りのあと、オケラ火を家に持ち帰ってお屠蘇で一杯。
どちらにも漢方のオケラ(朮)が使われています。
朮には白朮と蒼朮の2つあり、その違いは明確で、どちらでもよいとはいえません。

白朮は補気薬(ほきやく)、蒼朮は祛風湿薬(きょふうしつやく)に分類されます。
白朮は内生の水湿を、蒼朮は主に湿痺(しっぴ:風湿邪(じゃ)の外感)を治します。
したがって、白朮は消化器の疾患、蒼朮は関節や皮膚などの疾患に用います。
補益力(ほえきりょく:虚証向き)では白朮、
発散力(実証向き)では蒼朮に軍配があがります。
結局のところ、どちらも甲乙つけがたし、方意にあったオケラを使うことが最も賢明です。

本年の「漢方つれづれ」の更新は、本日が最後です。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。よいお年をお迎えください。
ページトップへ
2019年12月16日(月)
多剤服用、いつまで続けますか
 最近、複数の疾患を抱える高齢者などに飲みきれないほどの薬が処方され、
健康被害を起こす可能性がある「ポリファーマシー問題」が
大きな反響を呼んでいます。
現代人は、症状さえなくなれば、病気は治ったと思いがちです。
しかし、症状は生体が病気と闘っている際の自然の反応なのです。
症状は抑え込むのではなく、症状を起こす原因を突き止め、取り除くことが大切です。

原因除去には、薬以外のものが使われることもあります。
ひとつの症状にひとつの薬では、ポリファーマシー問題はいつまでたっても解決しません。
漢方薬のように、複合症状をひとつの処方で解決できれば、
せいぜい2つの処方で済みます。
ご自身にとってほんとうに必要な薬をこの機会に見直しましょう。
ページトップへ
2019年12月9日(月)
口をきれいにすると病気が治る
 糖尿病患者はそうでない人に比べ歯周病にかかる割合が2~3倍高く、
重症度も高いそうです。さらに、血糖コントロールが不良だと
歯周病が増悪するとも指摘されています。
高血糖は歯周病を招き、歯周病は更なる高血糖を招きます。

歯周病は、歯の周りの組織が破壊され炎症が起こる病で、
日本人の70%がかかっているといわれています。
歯周病菌は、腫れた歯肉から容易に血管内に入り、全身にまわります。
よって、糖尿病だけでなく、脳や心臓などの循環器系の生活習慣病にも
悪影響を及ぼしています。
このような悪循環を断ち切るためにも口腔ケアが大切です。
歯磨きはもちろんのこと、ドライマウスのような乾燥に気を付けましょう。
それには、漢方の甘露飲(かんろいん)、麦門冬湯(ばくもんどうとう)などが役立ちます。
ページトップへ
2019年12月2日(月)
フラフラ型のめまいは危険
 めまいが起こると、何か頭や脳に異常があるようで、
気持ちのいいものではありません。
めまいには、大きく分けて、フラフラ型とグルグル型があります。
フラフラ型は揺れている感じで、真っ直ぐに歩けないが、意識ははっきりしています。
グルグル型は天井がグルグル回り、立っていられなくて、強い吐き気を訴えることも。
グルグル型の方が症状が激しく、重症かなと思えますが、
実はフラフラ型の方が危険なのです。
脳梗塞などの病気が隠れている危険性が高いのです。

脳の活動低下、故障で起こるフラフラ型には、苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)や
真武湯(しんぶとう)がよく効きます。
耳のセンサー異常で起こるグルグル型は、メニエール病のことが多く、
沢瀉湯(たくしゃとう)が適しています。
※いつもと違うめまいを感じたら医療機関へ受診するようにしてください。
ページトップへ
2019年11月25日(月)
沢瀉(たくしゃ)はサジオモダカの塊茎
 オモダカ(沢瀉)は池や沢、田んぼなどに自生するクワイに似た水草で、
可憐な花を咲かせます。古くは王朝時代に貴族の車や武具の文様として用いられ、
やがて家紋に転じました。沢瀉は面高「面目が立つ」に通じるとか。
また、屋号の澤瀉屋(澤は沢の旧字体)は、歌舞伎役者の市川猿之助の
生家が副業として薬草・沢瀉を商っていたことに由来します。

漢方に興味がある方なら、めまいといえば苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)が
まず思い浮かびます。しかし、それで充分に奏効しない時には、
沢瀉に白朮(びゃくじゅつ)を加えた沢瀉湯(たくしゃとう)です。
薬味が少ない処方は速効性があり、対症療法に向いています。
切れ味は抜群です。
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や五苓散(ごれいさん)にも
この組み合わせが入っており、めまいにも応用できます。
ページトップへ
2019年11月18日(月)
道修町の神農さん
 薬の町・道修町(どしょうまち)の少彦名神社(すくなひこなじんじゃ)では
毎年11月22、23日の両日に例大祭が行われます。
大阪では神農(しんのう)さんの祭りでお馴染みです。
無病息災、家内安全を願って、大阪の一年の多くの祭礼を締めくくるものとして
「止め祭り」とも呼ばれています。
これが済めば大阪にも冬がやって来ます。
この両日には、御堂筋から堺筋までの約400mにわたり屋台が並び、
製薬会社は自らのビルの前に飾り付けをします。

この両日の縁起物は、笹に張子の虎(はりこのとら)をつけたものです。
疫病(コレラ)除薬として虎頭骨などを配合して丸薬をつくった名残です。
この張子の虎の考案者は漢方古方派の大家・吉益東洞(よします とうどう)と言われています。
このお祭りが終わるともう年末ですね。
ページトップへ
2019年11月11日(月)
低体温には気を付けて
 11月は霜が降りるので霜月。温暖化の日本ではありますが、
朝晩の寒さが身にしみてくる季節です。11/7は立冬でそろそろ冬支度となるのでしょう。
寒くなって気を付けたいのが冷え症や低体温です。最近若いかたに増えているそうです。
体温が1℃下がると、免疫力は37%低下し、基礎代謝も12%も落ち、
体内での酵素の働きは半減するとのことです。
癌細胞などは冷たい環境が大好きです。
地球が暖かくなった分、冷たい物で体を冷やし過ぎたツケが
回ったのではないでしょうか。

低体温や冷え症は漢方が得意とする分野です。
中でも五積散(ごしゃくさん)が最もよく使われます。
気・血・水などのめぐりをよくして冷えをよく取り除いてくれます。
胃腸にもやさしいので、長く飲み続けられます。
ページトップへ
2019年11月5日(火)
生活習慣病に多い湿熱証
 慢性炎症に多い湿熱(しつねつ)という病態は湿邪(しつじゃ)と
熱邪(ねつじゃ)が結合した大変厄介なものです。
熱証(ねっしょう:炎症)だからと単に清熱(せいねつ:熱をさます)する
だけでは、もう一方の湿邪を増やし、湿証(しつしょう)だからと
化湿(かしつ:湿気を乾かす)するだけでは、逆に熱邪を増やしてしまいます。
その配合割合が大変難しいものです。

このような湿熱証に最もよく使われるのが 竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)です。
下焦の湿熱に良いということで、おりもの、膀胱炎などの
下半身の炎症によく使われています。一貫堂方になると下半身だけでなく、
もっと幅広く全身の慢性炎症性疾患にも応用できます。
一貫堂方では慢性炎症を改善する温清飲が配合されており、
小太郎漢方の竜胆瀉肝湯は一貫堂方です。
ページトップへ
2019年10月28日(月)
夏バテから秋バテへ
 今年は気候がおかしくて、まだ秋っぽくないですね。
夏から秋へ変わるこの季節の不調を「秋バテ」と呼ぶそうです。
冷房で外から体を冷やし過ぎると、血流や体温を調整する自律神経が
うまく働かなくなります。そして、眠れない、食欲が出ないなどの症状を訴えます。
夏バテは胃腸などが弱くて、暑い時期に食物を摂れないことでなるのに対して、
秋バテは体力がある人でもなります。

今夏は猛暑で冷房を使い過ぎた分、寒熱の差が自律神経に影響を及ぼしています。
五積散や婦人宝(小太郎漢方から発売している気血両虚の液剤)、
芎帰調血飲第一加減で冷えを取り除き、血行を促進しましょう。
ぬる目のお風呂に入って、身も心もリラックスされてはいかがでしょうか
ページトップへ
2019年10月21日(月)
秋にも花粉症
 スギによる春の花粉症は有名ですが、秋にもブタクサ
(日本で最初に報告された花粉症の抗原)やヨモギ、イネ科のススキ、
キク科のセイタカアワダチソウなどが原因となる花粉症があります。
秋の花粉症は、気温が下がりだす季節の変わり目に起こるだけに、
風邪と間違われやすいものです。5日以上も水っぽい鼻水が続いたり、
目のカユミを伴えば、花粉症を疑ってよいでしょう。

漢方ならもっぱら小青竜湯(しょうせいりゅうとう)に
麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)を合方したものを使います。
炎症性のもので、小青竜湯にくらべシャープな切れ味が期待できます。
ちなみに、春の鼻炎には、まだまだ冷えが残っているので、
温める作用の強い炮附子(ほうぶし)を加味するか
麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)を合方します。
ページトップへ
2019年10月15日(火)
対治と同治
 仏教の言葉で対治(たいじ)と同治(どうち)というのがあります。
高熱を発した時に氷で冷やして熱を下げるやり方を対治、
これに対して、からだを温かくして、汗をたっぷりかかせ、
熱を下げる方法を同治といいます。
たとえば、悲しんでいる人に、「いつまでもクヨクヨしていては
ダメですよ。気持ちを立て直してがんばりなさい」と励ますのが対治です。
これに対して、相手の気持ちになって共感する(時には黙って
一緒に涙を流すなど)ことによって、その人の心の重荷を
少しでも軽くしてあげる対応が同治です。

対治は現状否定、同治は現状肯定です。
漢方はどちらかというと同治を重視する傾向があるように感じます。
対治であれ、同治であれ、病気も人もその本質を見極めて
対応することが大切といえるでしょう。
ページトップへ
2019年10月7日(月)
10月は神無月
 新元号の令和になって半年ほどの月日が経ちました。
神話の国、日本にはいろいろな神様が存在します。
八百万(やおよろず)の神々が、10月に出雲大社に集まり、
いろいろな事を決めるとされています。
出雲以外の各地では、神様がいなくなることから、
神無月といわれるようになりました。
逆に、出雲大社では神様が集合するため、神在月とも呼びます。
いずれにしても、10月は神様に関連の深い月で、
各地でお祭りが多くなります。
中でも商売の神様で有名な恵比寿さまは、この留守になった地元を守る役を
任されたことから、恵比寿講が各地で行われたそうです。

一年で最も過ごしやすい秋。
食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋など楽しい行事がたくさんありますが、
羽目を外さないことも養生のひとつです。
ページトップへ
2019年9月30日(月)
からだがその味を求める
 細胞レベルでみると、我々のからだは頭の天辺(てっぺん)から
足の先まで、新陳代謝によって常に再生されています。
よい状態で齢をとるには、細胞の再生に必要な物質を取り入れ、
からだのすみずみまで届ける必要があります。
「食べ物がおいしい」と感じるのは、実はからだのどこかの細胞が
その食べ物に含まれている成分を必要とし、我々の食欲中枢に命じて、
食べさせているのかも知れません。
漢方薬もまさに同じで、健康な方には飲めないくらい苦い味であっても、
心が弱っている場合には、逆においしく感じたりします。

漢方には五味(ゴミ)という概念があり、苦いは心に、酸っぱいは肝に、
甘いは脾(消化器の一部)に、辛いは肺に、鹹(塩からい)は腎に
関係すると考えます。
酸苦甘辛鹹、あなたはどの味がおいしいと感じますか?
たまにはからだの声に耳を傾けながら五味を味わってみては
いかがでしょうか?
ページトップへ
2019年9月24日(火)
健康に重要な生活習慣
 ブレスローの7つの健康習慣をご存じでしょうか。
①定期的に運動をする ②朝食をとる ③間食をしない
④タバコを吸わない ⑤充分な睡眠をとる ⑥適正な体重を保つ
⑦お酒を飲まない、あるいは飲んでも適量を守る。
これはカリフォルニア大学のブレスロー教授が、生活習慣と
身体的健康度(障害・疾病・症状など)との関係を調査した
結果に基づいて提唱されています。
上記の7つの健康習慣の実践の有無によって、その後の寿命に
影響することがわかっているのです。

食生活が豊かになって、日常生活が便利になると生活習慣が
乱れてきます。
7つの健康習慣は大切だと頭ではわかっていても、
なかなか実行できないものです。しかしながら、生活習慣の乱れは、
我々が思っている以上に健康に影響するのです。

令和の時代を元気に過ごすためにも、今日から7つの
健康習慣を始めてみませんか。
ページトップへ
2019年9月17日(火)
黄耆の薬対(やくつい)
 補気薬・黄耆(オウギ)には多彩な働きがあります。
人参も同じ補気薬ですが、主に裏虚(リキョ:五臓の気の不足)を補う
働きがあり、一方、黄耆は表虚(ヒョウキョ:肌表(キヒョウ)の
気の不足)を改善
します。

まず、人参と合わせると、滋養強壮の働きが増し、参耆剤(ジンギザイ)と
いわれる補中益気湯(ホチュウエッキトウ)、 帰脾湯(キヒトウ)、
十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)などの骨格ができます。
次に、防已(ボウイ)・白朮(ビャクジュツ)を合わせると
腎炎や浮腫に効果がある利水の働きが期待できる
防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)です。
3つ目に、防風(ボウフウ)・白朮を合わせると、
固表(コヒョウ)の働きを高めてくれる玉屏風散(ギョクヘイフウサン)
となり、汗かきで、お肌が弱い方に使われます。
最後に、瘡家(ソウカ:皮膚病)の要薬として慢性化した化膿症に
活躍します。細菌に対する抵抗力を強め、排膿を促進し、
肉芽形成を高めます。これには当帰(トウキ)と合わせて用います。
ページトップへ
2019年9月9日(月)
重陽の節句は菊の節句
 本日9月9日といえば重陽(チョウヨウ)の節句
菊の節句でもあります。古来より、奇数は縁起のよい陽数、
その奇数が連なる日をお祝いしたのが始まりです。
日本では奈良時代からこの日には宮中で菊を観賞し、江戸時代には
武家で菊酒を楽しむ風習がありました。

菊は「翁草(オキナグサ)」「齢草(ヨワイグサ)」などと呼ばれ、
長寿をもたらすめでたい花です。漢方では、釣藤散(チョウトウサン)、
杞菊地黄丸(コギクジオウガン)などに目を癒す目的で配合されています。
菊はまた歴代の天皇にも愛され、特に菊を好んだのが後鳥羽上皇です。
和歌を好み、『新古今和歌集』を勅撰する一方、隠岐に配流されるなど
波乱万丈の生涯でした。
皇室の紋章に菊がデザインされているのは、実は後鳥羽上皇の菊好きを
反映したものだそうです。
ページトップへ
2019年9月2日(月)
六神丸で夏を越す
 9月になりましたが、まだまだ残暑が厳しいですね。
今回はそんな残暑に効果的なお薬のお話です。
中国で2000年の古い歴史を持つ薬といわれる六神丸。
そのユニークな名前に秘められた謂れがあります。
第一は、四方神(青竜、白虎、朱雀、玄武)に勾陳(こうちん)、
騰蛇(とうだ)の二神を加えた六神にあやかったという名称です。
第二は、構成する薬草が牛黄(ごおう)、麝香(じゃこう)、
蟾酥(せんそ)、熊胆(ゆうたん)の4つの動物生薬と
竜脳(りゅうのう)、人参の2つの植物生薬の6つの神薬(しんやく:高貴薬)から
なるためです。
第三に、五臓六腑の五臓(肝、心、脾、肺、腎)に心包を合わせた六臓に
効果があるという説もあります。本来は心臓や胃腸への効果です。

夏は暑くて、体温調節のために汗をかきます。
汗は心(しん)の液」といって、汗をよくかく夏は、
心が疲れるので夏には最適な薬でもあります。
ページトップへ
2019年8月26日(月)
土用の丑のウナギ
 皆さんは先月の今頃、土用の丑の日にウナギは召し上がりましたか?
土用は春夏秋冬、年に4回あります。立春、立夏、立秋、立冬の前
18日間をさしますが、現在ではもっぱら立秋の前の夏の土用だけとなりました。
土用の間は、土の気が盛んになるため、土いじり、種まきなど、
土にかかわる作業が禁忌とされていました。
この頃は暑さのために体力を消耗しやすく、これを乗り切ることが
夏の健康につながると考えたのです。

土用の丑の日に、黒い物を食べるという信仰は平安時代からありました。
黒い物としては、魚の鱧、鯉、鮒、鰻、鯰(なまず)、それに野菜の茄子などです。
黒い物を食べておくと悪魔が入らないとの言い伝えがあり、
今でも残っているのが鰻を食する習慣です。
ウナギのかば焼きはスタミナ食として最高です。
ページトップへ
2019年8月19日(月)
蓮(ハス)の効用
 8月のお盆の期間は故郷に帰省された方も多いことでしょう。
盂蘭盆会(うらぼんえ)とは、先祖の供養をする日のことです。
梵語のウランバナの音訳です。
仏教では、お釈迦様が蓮花の上で瞑想する絵が描かれ、
極楽浄土の象徴とされています。このハスの種子が蓮子(蓮肉)です。
その地下茎が蓮根で食用となります。

蓮子には収斂強壮の働きがあって、脾胃を補益して下痢を止めてくれます
この目的で配合されているのが参苓白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)です。
その他にも、心火(しんか:興奮性の神経衰弱)を冷まし
精神を安定させる働きもあることから、神経性頻尿や不眠症などに用いられる
清心蓮子飲(せいしんれんしいん)にも配合されています。
ページトップへ
2019年8月19日(月)
早起きは三文の徳?
 夏は日が長く、そして暑いため、夜遅くまで起きてしまいがちです。
すると早起きがつらくなります。
引きこもりや鬱の方の大半が遅起きであることからも、
早起きは健康に寄与しています。早起きによって意志が強くなり、自信がつき、
自分自身を上手にコントロールすることができます。

早起きで大事なことは、まず「起きる時刻を一定にすること」です。
「何時間睡眠が必要だから何時に起きる」と考えてはダメなのです。
起きる時刻だけをまず一定にすれば、勝手に寝る時刻がリセットされて、
理想的な時刻に寝られるようにもなります。
暑い夏は、比較的涼しい早朝に起きて、仕事を早めにすませ、
暑い昼間に少し昼寝をする余裕を持ちたいですね。
ページトップへ
2019年8月5日(月)
年とともに1年が早くなる
 子供の頃は1年を長く感じていたのに、なぜ大人になると
1年があっという間に終わるのでしょうか。
われわれ人間は、体の新陳代謝速度が加齢とともに遅くなり、
体内時計の進み具合が遅くなっていきます。

30歳の時は、3歳の時よりもゆっくりとしか回りません。
自分が気付かないだけで体内時計は遅くなっています。
物理的な時計は同じスピードで過ぎていきます。
自分の感覚では1年をカウントしていないのに、実際の時間は1年経っているという事態が
生じているのです。また、感動の多さにも関係し、いろいろな初めてを経験する子供に比べて、
経験値を積んだ大人には刺激の少ない出来事ばかりで、
このことが時間の経過を早く感じさせるのです。
その他に、自分の置かれた空間の広さ(※)なども複合的に関係していると考えられています。

※大人が昔通った小学校を訪ねると校庭が小さく感じるが、同じ空間でも子供には広く感じ、
それが時間の経過をゆっくり感じさせる傾向があるそうです。

ページトップへ
2019年7月29日(月)
噛めば噛むほど
 肥満は我が国にとって、健康に関わる大きな問題です。
暑い夏でも食欲が落ちない肥満者にとって、減量できる秘策があれば
これほどありがたいことはありません。

みなさんは、ヒスタミンという言葉を聞いたことはありますでしょうか?
ヒスタミンはアレルギー症状を引き起こす厄介な物質ですが、
脳内では満腹中枢を刺激して、満腹感が得られ、
また交感神経を刺激して、内臓脂肪まで減らしてくれます。
噛む刺激が脳内の結節乳頭核という部分に届き、ヒスタミンを生み出すとのことです。
よく噛めば早食いにもならず、満腹感を得られ、大食を予防できるわけです
暑い時期は、ツルツルとのど越しの良い冷やそうめんやざる蕎麦が食べたくなりますが、
この夏はできるだけしっかりと噛んでいただきたいものです。
ページトップへ
2019年7月22日(月)
七情は五臓を乱す
 私たちの感情は常に変化しており、そのため
日常的な喜怒哀楽が過剰になると病気の原因になります
それが七情(喜・怒・憂・思・悲・恐・驚)です。

「怒ればすなわち気上がる」。過度の怒りは肝の気が血とともに頭に上がります。
「喜べばすなわち気緩む」。喜びが過度になると心の気が緩み、動悸や不眠を起こします。
「思えばすなわち気結ぶ」。過度の思い悩みや憂いは、気を停滞させ、
消化機能(脾気)を失調させます。
「悲しめばすなわち気消える」。過度の悲しみは肺気を消耗し、息切れや咳などが生じます。
腎を失調させるのは、恐れと驚きで、「恐れればすなわち気下る」。
「驚けばすなわち気乱れる」など気の異常が現れます。
ページトップへ
2019年7月16日(火)
処方名に数字がつくもの
 前回に引き続き、漢方豆知識です。
漢方薬は、一般に何種類かの薬草を混ぜて用います。
一方、民間薬は1種類の薬草だけを煎じて、日常的な病気に使ってきました。

たとえば、薏苡仁(ヨクイニン)単独ならイボに、
薏苡仁湯(薏苡仁以外に6種の薬草が混ざったもの)なら関節痛や筋肉痛によいというわけです。

漢方薬の処方の名前に一、二、三などの数字がつくものがありますが、
一から十までご存知でしょうか?
順番に申し上げますと、一貫煎(いっかんせん、肝腎陰虚の薬)、二陳湯、三黄瀉心湯、
四物湯、五苓散、六君子湯、七物降下湯、八味地黄丸、九味檳榔湯、十全大補湯です。
配合している生薬の数を現わしているものが多いのですが、
一貫煎(6種)、二陳湯(5種)、六君子湯(8種)など、
そうではないものもあります。
ページトップへ
2019年7月8日(月)
大小の違い
 漢方薬の名前には、大○○湯とか小○○湯といった大小の付いた処方があります。
大の付いたのは大人用、小の付いたのは子供用なのでしょうか?
いいえ、決してそうではありません。「作用(働き)の強弱」。
すなわち大は小より作用が強いと考えていただければ結構です。
大柴胡湯は小柴胡湯より消炎作用が強く、
胸脇苦満(みぞおちから両脇にかけて張って痛む)が強く現われる時に使います。
大建中湯は小建中湯より温める力が強く、腸管の緊張が激しい方に使います。
大承気湯は小承気湯より瀉下作用が激く、頑固な便秘によいわけです。

瀉すときも補うときも、大は小より働きが強いのです。
この他に傷寒(寒けの強いかぜ)に使う大青竜湯と小青竜湯などもあります。
ページトップへ
2019年7月1日(月)
夏に多い脳梗塞
 脳卒中は、がんや心臓病に次ぐ国内死因第3位の生活習慣病です。
血圧が上昇しやすい冬場に多いと思われがちな脳卒中ですが、
脳梗塞(脳血管が詰まる)に限っては夏場(6~8月)に最も多いそうです。
夏は気温が高く、汗を多くかいたり、体からたくさんの水分が蒸発したりします。
すると、血液粘度が高くなって、血液がドロドロネバネバになり、
血栓が起きやすくなるためです。
すなわち、適度に水分を補給しないと脱水状態(熱中症)になりやすくなります。
一方、冬場に多い脳卒中は、脳出血(脳血管が破れて出血する)です。
寒さで、血管が収縮して、脳血管が破れやすくなり、出血を起こします。
夏も冬も循環器系の異常には、気を付けたいものです。

生活習慣病が気になる方の漢方薬を取り揃えております。
ぜひ、お気軽に当店へお立ち寄りください。
ページトップへ
2019年6月24日(月)
ジメジメベトベト嫌な梅雨
 また梅雨がやって来ます。米作りの日本にとっては欠かせない季節ですが、
腰やヒザ、関節などにトラブルを抱えている人には嫌な梅雨です。
湿邪(水)は重いので、それに侵された部位は重だるい症状がでます。
また水は高きから低きへと流れるので、下半身や下肢のトラブルとして現れることが多くなります。
さらに、湿邪は定着性が高いため、一旦体内に入るとなかなか外へ出てくれません。
症状が長引き治りにくくなります。
そして、長く滞った湿邪はネバネバ、ベトベトして、さらに症状を悪化させます。
最後に、湿邪により気の運行が妨げられます。
気の昇降を失調させたり、経絡の運行を障害します。

水と上手に付き合って、梅雨を乗り切りませんか?
湿邪に効く漢方薬を揃えております。お気軽に当店へお越しください。
ページトップへ
2019年6月17日(月)
色にもいろいろ薬効がある
 植物色素は昔から日本人の生活の中で使われてきました。
たとえば、藍染めに使う藍の根は板藍根といい、抗ウイルス作用があります。
紫色をした紫雲膏に配合されているムラサキの根(紫根)は皮膚の抵抗力を高めます。
黄色色素としては、黄柏、山梔子、鬱金(ウコン)などが有名です。
また、通経薬に配合されている紅花には黄色だけではなく、
紅色色素(カルタミン)が含まれており、ご存じのように口紅の原料になります。

しかし、このような天然着色料は、一般に高価なため、
それに代わって現代は合成着色料が用いられるようになりました。
ページトップへ
2019年6月3日(火)
五月病は漢方が得意
 大学に入学した学生がGW明け頃、わけもな憂うつな気分に陥ることから、
一般に「五月病」といわれるようになりました。
近頃は学生だけではなく、新社会人にも同様の症状が見られるようで、
新人研修が終わって実際に仕事を始めた後の6月頃に多いことから
6月病」ともいわれます。
医学的には適応障害で、中にはうつ病と間違われる場合もあります。

東洋医学では、春から初夏の木の芽立ちに起きる「肝の病」(肝気鬱結)ととらえて、
柴胡と芍薬が配合された方剤を用いるのが、一般的です。
これに該当する漢方薬には、加味逍遥散、柴胡疎肝湯、
そのほか四逆散や柴胡桂枝湯などがあります。
虚実を鑑別して、自分に合ったものを使うことが大切です。
ぜひ、当店へお越しください。
ページトップへ
2019年5月28日(火)
腹水のことなら
 少し時期がずれてしまいましたが、5月5日は端午の節句。
古来、邪気を払うため菖蒲や蓬を軒に挿し、粽(ちまき)や柏餅を食べます。
軒先には鯉のぼりを上げて祝います。
漢方では、鯉は利水消腫、止咳、通乳の効があり、腎炎や肝硬変による腹水に、
小豆と鯉を一緒に煮込んで服用する赤小豆鯉魚湯があります。

しかし、現代にはエキス細粒の補気建中湯があります。
ブヨブヨとして指で押した部分が元に戻りにくい虚腫に使用されます。
補気建中湯でも充分にオシッコが出ない時には、指で押した部分が
すぐに元に戻る実腫に使われる分消湯があります。
腹水で用いる場合は、虚腫の補気建中湯から使い、
効果がなければ次に実腫の分消湯を使います。
腹水がある場合は自己判断せず、診療を受けることを
 優先するようにしてください。

ページトップへ
2019年5月20日(月)
糖尿病の三減則
 メタボリックシンドローム(内臓脂肪型症候群)と診断されるには、
腹回り以外に、血糖値、中性脂肪値・HDLコレステロール値、血圧の数値が影響してきます。
内臓脂肪が多くなるメタボリックシンドロームは糖尿病をはじめとする
生活習慣病になりやすく、心臓病や脳などの血管の病気につながりやすいのです。
たとえば、糖尿病で内臓脂肪を増やさない食事のコツは、
薄味のものを腹八分目にすること。
これを実行するための具体策は減塩、減脂、減糖の三減則です。

塩分の摂り過ぎは高血圧を招き、塩っぱい味付けは、ご飯の食べ過ぎなど過食の原因となります。
味付けに塩分が多いと、バランス的に砂糖などの甘味も多くなるはずです。
また、砂糖を使った甘いお菓子も、カロリーオーバーだけでなく、
血糖の上昇を引き起こします。脂っこい料理は当然高カロリーで、
血中脂質を増やし、肥満や動脈硬化へまっしぐらです。
糖尿病の三減則、できる限り実践していきたいですね。
ページトップへ
2019年5月13日(月)
六陳八新(りくちんはっしん)
 漢方用語に、六陳八新(りくちんはっしん)というものがあります。
生薬ごとに、陳(古いもの)の方がよい、新(新しいもの)の方が良いという教えです。
陳は麻黄、狼毒(ろうどく)、呉茱萸、半夏、陳皮、枳実の6種類。
新は蘇葉、薄荷、菊花、桃花、款冬花(かんとうか)、沢蘭(たくらん)、
塊花(かいか)、赤小豆の8種類です。
陳に分類された生薬は、精油、その他の成分で身体に害があるものが、
古くなれば精油の揮発、空気酸化等で有害な作用が減じ、
一方、新に分類された生薬は、薬効として必要な揮発性成分が含まれているから
といわれています。

漢方方剤に二陳湯という処方があります。
2つの陳(半夏と陳皮)を配合して痰飲(水毒)を取り除くものです。
数千年前にこうした考え方があったというのは、大変興味深いものです。
ページトップへ
2019年5月7日(火)
身土不二(しんどふじ)
 身土不二(しんどふじ)とは、身と土は切り離せないという意味で、
地元の旬の食品や伝統食が体に良いという食養にも活かされています。
太陽の紫外線にあたると野菜は酸化して、遺伝子が壊されそうになります。
そこで野菜は必死になって酸化しないような物質をつくります。
それがビタミン類です。したがって日の光を浴びた野菜にはビタミンが豊富なのです

本来、冬野菜であるホウレンソウは、ハウスものはビタミンCの量が露地もの(自然栽培)の3分の1。
また、野菜や果物は収穫した瞬間から栄養が失われ、特にビタミンは減るスピードが速いそうです。
よって、海外でつくられた作物は栄養価が低いといわれています。
食べ物は、地元でとれた旬のものを食したいものです。
ページトップへ
2019年4月22日(月)
花冷えに玉屏風散(ぎょくへいふうさん)
 春は夏に向かう季節であり、冬に向かう秋よりも暖かいと思われがちです。
4月に入ると暖かさが増してきますが、時には北から冷たい空気をもった高気圧が南下して
寒くなることもあります(これを花冷えといいます)。
この季節、少し油断をして薄着で体を冷やすと風邪をひいてしまうことになります。
そんな時に重宝するのが玉屏風散です。

扶正去邪(ふせいきょじゃ)の薬能をもつ玉屏風散は、
風邪などの病邪を寄せ付けない(去邪)ばかりでなく、
処方の主薬である黄耆(おうぎ)という生薬が
人間本来に備わっている正気(免疫)を扶(たす)けて、
未然に防いでくれます

風邪をひいてはいけない妊婦さんや体の弱いお子さん、高齢者などにも最適な処方です。
ページトップへ
2019年4月15日(月)
春の養生
 最近やっと春めいてきましたね。「春眠暁を覚えず」といって、
春の夜は寝心地がよいので、朝になってもなかなか眠りがさめないですね。
しかし、春はできるだけ朝早く起きるようにしましょう。
春は、日の出とともに自然の陽気が動き始めるので、体をそれに合わせるためです。
陽(春の気)の上昇とともに、体に潜んだ気が発散して、天地で万物みな発生してくる季節です。

春は気(エネルギー、肝気)が上ってきます
そのために、人は活動的になります。
この季節、入学や入社、転勤で新しい環境の下でじっとしてはおれないわけです。
しかし、この動きについていけない人には、気の発揚が却ってまぶしく、
逆に沈んだ気分に落ち込みます。
春は精神的に不安定になりやすく、ストレスを受けやすいのです。
ページトップへ
2019年4月9日(火)
痃癖(ゲンペキ)に延年半夏湯
 肩がすごく凝ったときに「ケンビキ」を揉んだらいいと きいたことはありませんか?
辞書を引くと「ケンビキ」は肩凝りのことと出てくるものもあります。
昔は「ケンビキから風邪をひいた」「ケンビキから歯が痛くなった」と
ケンビキが日常的に使われていました。
ケンビキ(肩癖)は痃癖(ゲンペキ)がなまった言葉だそうです。
広辞苑には、「痃癖は癪(シャク。種々の病気によって胸部・腹部に起きる激痛のこと)の一種。
脇腹やヘソの周辺にしこりがあり、頸から肩などにかけて筋肉がひきつること。肩こり。」と
3つの意が記されています。

このことから延年半夏湯を用いる痃癖は肩こりを伴った脇腹あたりの癪。
あるいは、脇腹あたりの痛みを伴った肩こりと解釈することができます。
がんこな肩こりが病気の引き金になっていたわけです。
また、足が冷える(特に足首)場合にも使われます。
ページトップへ
2019年4月2日(火)
治病治人(ちびょうちじん)
 この四字熟語は、「病気を治すことは人を治すこと」 という意味があります。
たとえば、糖尿病患者の治療だからといって、尿糖、血糖ばかりに注意して、
強力な薬を用い、極端な制限食をしき、尿糖は(-)、血糖値は正常値となったとしても、
患者さん自身の衰弱を早め、寝たきりの病人になったのでは、
何の値打もありません。

治療者が病気を治すということは、病気が対象ではありません。
まず、病人ありきなのです。肥満でダイエットをされている方によくあるケースです。
極端な食事制限で体重を落とすことだけを目的とすると、
貧血や生理が止まるなど、必ずしも患者さん自身が健康的に痩せているとは言えなくなります。
私もこれを肝に銘じて、治療に当たっております。
ページトップへ
2019年3月25日(月)
春なのに心が晴れない
 「暑さ寒さも彼岸まで」
関西では、その手前に行われる「東大寺のお水取り」が終わるまでは
春が来ないといわれています。
余談ですが、火と水の祭典・お水取りは弊社・小太郎漢方製薬とほんの少し関係があります。
社名の小太郎は小太郎岩(三重と奈良の県境にある)からとっていますが、
じつはこの当たりから松明に使う木材が東大寺へ送られています。

もうすぐ春だというのに、なんだか心が晴れないという方には、
春に向けての心のケアとして、柴胡疎肝湯(あるいは加味逍遥散)が適しています。
始まりの春の不安で環境変化についていけない方に。
ぜひお試しください。
ページトップへ
2019年3月18日(月)
フーテンには釣藤鈎(ちょうとうこう)
 「フーテンの寅さん」でお馴染みのフーテン。
漢方にもこの用語があり、風癲と書きます。
癲(てん)とは西洋医学でいううつ病やテンカンのことをさします。
心が抑鬱されて無気力になった状態です。
風邪(ふうじゃ)によってもたらされた癲の病です。
そこから、ボーッとして何もせず、非常識でおかしな行動をとる方をいうようになりました。
風のように突然やってきて、周りをかき乱し、さっさと去っていく。
まさに寅さんのような人で、定まった仕事も持たず、ぶらぶらしている人です。

漢方の五行説でも春の病は風(春一番)
風癲には、釣藤散や抑肝散加陳皮半夏などの釣藤鈎(ちょうとうこう)が
配合された処方を用います。
ページトップへ
2019年3月11日(月)
異病同治(いびょうどうち)
 病気が異なっても証が同じであれば、同じ漢方薬で治す。
これを異病同治といいます。
例えば葛根湯。漢方を知らない方でも、かぜや肩こりを治す薬であることは
ご存知の方も多いのではないでしょうか。

葛根湯の証は「表寒証&表実証」となります。
表寒証:体表部(皮膚)が寒い、すなわち体が冷えること。
表実証:体表部の緊張が強くて汗が出ない状態をさす。
このことから、寒けの強いかぜや筋肉が緊張して起こる肩こりなどに使えるわけです。
表実証からジンマ疹などの皮膚病にも応用できます。
汗が出ない時に使うことから、出産したばかりの女性の母乳※が出ない時にも
葛根湯が使われたりします。 ※東洋医学では母乳も汗と考える。
このように葛根湯は多彩な顔を持った漢方薬のひとつで、
これ一つでいろいろな病気に使えます。
ページトップへ
2019年3月4日(月)
同病異治(どうびょういち)
 前回で、漢方では証を導き出して治療を行うと紹介しましたが、
ひとくちにかぜといっても証(体質・症状)が違えば、使う漢方薬が異なるのが、
同病異治です。
例えば、冬のかぜと夏のかぜは、使う漢方薬が違います。
寒い冬に流行るインフルエンザの症状は、悪寒、発熱、頭痛、筋肉や関節の痛みなどです。
このウイルスは、乾燥した寒い冬の時期に活発になります。
こんな時には体を温める葛根湯や麻黄湯などを用います。
一方、夏風邪は、寒けよりも、夏の暑さで、食欲が衰え、水分を取り過ぎ、
下痢や胃腸障害をもたらします。
時に暑さでノドが赤くはれ、口の渇きを訴えるようなケースには
藿香正気散や銀翹散などを用います。
ページトップへ
2019年2月25日(月)
証(しょう)について
 西洋医学では、患者を診察して病名を決め、その病気を治療します。
一方、漢方では、病名が何であろうと患者個人の体にあらわれる
症候パターン(証)を導き出し、それに従って治療を行います。
その症候パターンは、患者の自覚症状と漢方的診察による他覚所見に加えて
体質や体格などを考慮して決めます。
中でも最も基本的な概念は八綱(陰陽、寒熱、虚実、裏表)でしょう。
陰陽は全般的な病気の類型、寒熱は病性(疾病の性質、疾病の特性はどうか)、
虚実は病勢(正邪の盛衰、疾病の勢いはどうか)、
裏表は病位(疾病の部位、疾病はどこにあるか。
詳細に見るときは五臓六腑など)といいます。

このように、漢方薬は「証にしたがって出す」のが基本なのです。
ページトップへ
2019年2月18日(月)
花粉症の季節
 花粉症はアレルギー性疾患のひとつで、喘息や一部の皮膚炎と同じ免疫の異常です。
免疫(疫から免れる)とは外敵(ウイルス、細菌、花粉など)から身を守る
体の防衛システムです。このシステムがなければ、人は簡単に外敵に侵されてしまいます。
その防衛システムが、異常に強く働くと自分自身の細胞を傷つけ、炎症が発生します。
したがって、免疫システムは強くても、弱くても健康ではないわけで、
まさに中庸でなければなりません。

花粉症はスギ花粉がアレルゲンとなって発症するものですが、
それを異常に感じて、徹底的に排除するとならないかというと、
それよりも異常なきれい好き、清潔感が免疫異常を高めているとの見解が出されています。
ページトップへ
2019年2月12日(火)
効かせ方を追求する漢方
 西洋医学が進んだ日本の現代医学はいろいろな病気を克服し
人類に貢献してきました。抗生物質ができ、ステロイド剤が登場し、
今再生医療としてiPS細胞が発見され、自分の皮膚からいろいろな臓器をつくれるような時代が
近い将来やってくるかも知れません。
現代医学は新しい薬(技術)をどんどん発見して日本人の平均寿命を延ばしてきました。
一方漢方薬はどうでしょう。

使う薬は2~3千年前と少しも変わらず、草根木皮などからできた薬草を使って治療しています。
食品に近い薬であっても、それが病人の証(しょう)(体質・症状)に合えば、よく効きます。
西洋医学は効く薬を探し、漢方では昔からある薬で、効かせ方を追求してきたのです。
今、西洋薬だけでなく漢方薬を一緒に使われるお医者様も増え、
漢方薬の力が見直されています。
ページトップへ
2019年1月25日(月)
病人を治す漢方
 一般に病気は、正気(せいき)(抵抗力、免疫力など)と外邪(がいじゃ)
(病原菌やウイルスなど)の力関係でなります。
西洋医学では外邪をより強力な武器(クスリ)で攻撃します。
しかし漢方では、正気の方を高めることで、
体内の病毒を退散させることができると考えます。

したがって、体のバランスを漢方薬で整えることができれば、治療につながるわけです。
現代医学の放射線治療や化学療法剤ではガンそのものをやっつけることもできますが、
人体の正常細胞自身もそれによって攻撃されるので、ガン細胞はなくなったが、
正常細胞まで弱ってしまい体調を崩してしまうということにもなりかねません。
そんな時によく使われる漢方薬が、十全大補湯や補中益気湯、玉屏風散など、
体力を補う人参や黄耆などが配合された補剤です。
大病をした後、または術後などで体が弱っているときや、産後の体力回復などの目的で
よく使われているお薬です。
ページトップへ
2019年1月23日(水)
冷え症の漢方
 冷えや寒さ(寒邪(かんじゃ))に侵されると、「冷える、流れが止まる、縮こまる」という
体の変調が現れます。すなわち、手足やお腹が冷える、全身が寒いなど、
気血の流れが停滞する、寒いと指が縮こまる(かじかんで上手く動かせない)などの訴えが出ます。
こんな時には体を芯から温める漢方薬がよいでしょう。
体を温める附子(ぶし)や乾姜(かんきょう)などが配合された桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)、
人参湯(にんじんとう)などを服用するとすぐに体が温まってきます。
また、直接的ではありませんが、血液の循環を良くすると、すみずみまで血液が行き渡り、
結果的に体が温まります。
それには、当帰(とうき)、川芎(せんきゅう)、芍薬(しゃくやく)などが配合された婦人宝(ふじんほう)や
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、五積散(ごしゃくさん)などがあります。
中でも婦人宝は飲みやすいシロップ剤で冷え症を改善するお薬です。

漢方薬を上手に使って、身も心も温かく!
ページトップへ
2019年1月21日(月)
風邪は万病のもと
 風邪(かぜ)はあらゆる病気を引き起こす原因になりますから、
軽く見てはいけません。用心が必要です。

かぜというのは、一般に西洋医学でいうかぜ症候群
(悪寒、発熱、頭痛、呼吸器疾患などが中心)です。
一方、漢方では、風邪(ふうじゃ)と読み、突然発病したり、病状が激しく変化する
風(ふう)の邪気(じゃき)を指します。
自然界の風は、インフルエンザなどのウイルス、いろいろな病原菌、鼻炎を起こす花粉など、
目に見えない邪気を運んできます。
したがって、かぜ症候群以外の感染症もたくさん含まれることになり、
重篤な肝腎の病なども、ある程度病気が経過すれば明らかになりますが、
発症初期には、かぜと同様の症状を呈します。
たかが風邪、されど風邪という戒めです。

※東洋医学では、風邪(ふうじゃ)は、肩甲骨の間にある
 風門というツボから入ってくると言われています。
 ゾクッときたら、風門のあたりを温めると良いそうです。
ページトップへ
2019年1月16日(水)
六不治
 紀元前90年頃に書かれた『史記』の「扁鵲(へんじゃく)・倉公伝」には
患者の病気に対する取り組み、心構えなどについて記されています。
それが、名医・扁鵲が唱える六不治(ろくふち)(病気が治らない原因)です。

一の不治。おごり高ぶり、わがままで、道理が分からない。
二の不治。体を軽んじ、財を重んじる。
三の不治。着るもの、食べるものが適切でない。
四の不治。陰陽や五臓の働きが一定しない。
五の不治。衰弱して薬を服用できない。
六の不治。巫(みこ)や呪(まじな)いを信じて、医者や医学を信じない。
※四の不治は、陰陽の気が乱れて、内臓の気が安定しないと
 体はバランスを崩して病気が長引くこと。

現在でも充分に通じますね。
ページトップへ
2019年1月15日(火)
耳鳴りの漢方
 耳鳴りにぜひ漢方薬をお試しください。
耳鳴りは老化現象のひとつでもあり、腎(じん)という臓器の衰え(腎虚(じんきょ))により
起こります(ジージーという低音の耳鳴り)。
また、精神的な不安や悩みを抱えている場合には、若い人でも起きることがあります。
それは肝(かん)の異常(キーンキーンという高音の耳鳴り)から来ています。

この両方に良い漢方薬が滋腎通耳湯(じじんつうじとう)です。
腎を滋養して、耳を通じさせる薬という意味の処方です。
処方名には肝を整える意味は入っていませんが、配合成分には柴胡(さいこ)や香附子(こうぶし)、
川芎(せんきゅう)といった肝気の流れをよくする生薬(この3つの生薬で通気散という処方)も
しっかり含まれています。耳鳴りと共に難聴も改善してくれるのです。
ページトップへ
2019年1月9日(水)
耳鳴りとは
 聴力が衰えると当然音が聞こえにくくなります。
これを難聴(なんちょう)といいます。
齢をとると、特に高音部の音が聞こえにくくなり、大きい声で周りの人から呼ばれても
分からないのに、低音で自分の悪口などをささやかれたりすると
すぐに感づくのがお年寄りの聴力の特徴です。
また、難聴なのに、静かな夜になると、耳のあたりで、ジージー、キーンキーンという音が
執拗に鳴り続ける経験はありませんか。これが耳鳴りです。

耳鳴りは気になって鬱陶しいものです。
耳鳴りと難聴の原因は同じで、難聴で聞こえにくいため、音を感受する脳が感度を上げて興奮し、
必要でない音(自分の心臓の拍動)まで拾い、雑音(耳鳴り)となります。
すなわち脳の過剰反応なのです。
ページトップへ
2019年1月7日(月)
つもり違い
 あけましておめでとうございます。
本年も小太郎漢方梅田薬局をどうぞ宜しくお願い致します。

 名刹の高僧が考えたといわれる「つもりちがい十ケ条」
1.高いつもりで、低いのが、教養。
2.低いつもりで、高いのが、気位。
3.深いつもりで、浅いのが、知恵。
4.浅いつもりで、深いのが、欲望。
5.厚いつもりで、薄いのが、人情。
6.薄いつもりで、厚いのが、面皮。
7.強いつもりで、弱いのが、根性。
8.弱いつもりで、強いのが、自我。
9.多いつもりで、少ないのが、分別。
10.少ないつもりで、多いのが、無駄。

なんとも、人間の核心をうまくついている名言ですね。
ページトップへ
2018年12月25日(火)
七草粥
 人日(じんじつ)の節句(1月7日)の朝に、7種の野菜が入った
「七草粥」を食べると邪気を払い万病を除くと古くから言い伝えられてきた風習があり、
この七草粥に用いる7種の野菜(草)を「春の七草」といいます。
お正月におせち料理やお餅を食べ過ぎて、疲れ気味の胃を休めるための薬膳食が七草粥です。
その七草には、
 ●なずな(ぺんぺん草)
 ●せり(芹)
 ●ごぎょう(御形、母子草)
 ●はこべ(ら)
 ●ほとけのざ(田平子)
 ●すずな(蕪)
 ●すずしろ(大根)
七草のうち、すずな、すずしろの2つには、根にジアスターゼ、葉にはカロテン、
ビタミンC、カルシウムが含まれていて、胃腸の働きを助けます。
お正月におせち料理やお餅を食べ過ぎて、疲れ気味の胃を休めるための薬膳食が七草粥なのです。

気が付けばもう年末ですね。平成最後の年と騒がれる本年、災害の多い一年でした。
どうか来年はいい年になりますように!
ページトップへ
2018年12月17日(月)
屠蘇散
 お正月の風物詩・屠蘇散(とそさん)。
屠蘇散は、中国三国時代に華陀(かだ)という名医が十種類の薬草を調合して、
酒に浸して飲んだのが始まりといわれています。
邪気を屠(ほふ)り、魂を蘇(よみがえ)らせるところから「屠蘇」と名付けられ、
「年の初めにこれを服する時は年中の災厄を避け、福寿を招く」と伝えられています。
また、日本では嵯峨天皇の弘仁年間に宮中の儀式として用いられたのが始まりと言われています。
以後、人々はこれに倣(なら)って1年間の健康を祈願する縁起行事として、
お正月に屠蘇酒で新年を祝うようになりました。
大晦日の夜、お酒に一夜冷たく浸しておき、元旦、雑煮を祝う前に年少者より順次、
新年の縁起と長寿を祈念して召し上がります。

ただいま梅田店では、お買い上げのお客様にこのお正月の必需品、屠蘇散をお配りしております。
ご興味のある方は是非いらしてください。
ページトップへ
2018年12月10日(月)
補肝腎強筋骨
 齢をとるということは、骨や筋肉が衰えることでもあります。
漢方の五行説では、骨には腎、筋力には肝が関わっていると考えます。
したがって、漢方でいうところの腎や肝を強化することが運動器の治療に直結します。
そういうときに用いる漢方薬が独活寄生湯(どっかつきせいとう)です。
腎が弱ると骨が異常をきたし、充分に曲げることができなくなります。
また、肝が弱ると筋肉が衰え、充分に筋(すじ)を伸ばすことができなくなります。
特に階段の昇り降りは、昇る時に骨を使い、降りる時に筋を使うので、
腎と肝が弱ると階段の昇り降りに苦労します。

独活寄生湯の働きは補肝腎強筋骨(ほかんじんきょうきんこつ)といって、
肝腎の働きを補って、筋肉や骨を強くすることで、
階段の昇り降りも円滑にできるようになります。
ページトップへ
2018年12月1日(月)
漢方でロコモ対策
 日本人の平均寿命が80歳を超えて久しいですが、
今はどちらかというと健康寿命という寿命の質を重視しています。
元気で自分の身の回りのことができればよいのですが、亡くなるまでの10年間寝たきりになったり、
思うように体を動かすことができなくなったりするなどで介護が必要となると、
老後の生活が不自由になり、家族にも苦労をかけることになります。

 寝たきりになる原因のトップがロコモ(運動器の障害、運動器症候群)です。
次に脳卒中、認知症と続きます。
そうなると、せっかく長生きしても苦労の多い人生になってしまいます。
少しくらい腰やヒザが痛いからといって、それをかばって使わなくなると、
さらにその部分が退化します。寝たきりになる前の予防こそが大切です。
 日頃からしっかりと足腰を使うことです。
ページトップへ
2018年11月26日(月)
その下痢、止めるの? 出すの?
 下痢には感染性下痢「痢疾(りしつ)」と慢性下痢「泄瀉(せっしゃ)」があります。
痢疾は細菌(食中毒)によって起こるもので、炎症(熱)や腹痛を伴います。
便意をもよおしてトイレに駆け込んでも、実際のところ便はあまり出ません。
このような状態を何度も繰り返し、肛門が痛くなるばかり。
 一方、泄瀉の方は、元々胃腸虚弱な上に、お腹が冷えたり、食べ過ぎたりするとサッと下ります。
体が痩せていて血色が悪い方によく見られます。
泄瀉タイプは慢性的に下痢しやすく、栄養が身に付かず、下痢をすると疲れてゲッソリします。
だから、このような慢性下痢は早く止めた方がよい訳です。
しかし、逆に痢疾はむやみに下痢を止めると細菌をお腹に残すことになりますので、
出した方がよいのです。
ページトップへ
2018年11月19日(月)
口のかわき
 口のかわきには、漢方では「口渇(こうかつ)」と「口乾(こうかん)」の2つがあります。
口渇は「ノドが渇いて湯水を飲みたがる」。
口乾は「口内が乾燥して、だ液が少なくなるが、特に湯水を欲しがらず、ただ口をすすぎたがる」。
口渇は熱証の方や体に炎症が起きている時に多く、
口乾は虚証で、身体の体液(血水)が不足し、巡りが悪い時に訴えます。
口のかわきが糖尿病や熱中症で起きている場合は、その病自体を治せば口のかわきも良くなりますが、
そのような病もないのに、やけに口がかわくという場合は
ドライシンドローム(乾燥症候群)と考えられます。

 ただ水を飲むだけでは解決しません。
漢方では、このような症状には甘露飲(かんろいん)や麦門冬湯(ばくもんどうとう)などを使います。
ページトップへ
2018年11月12日(月)
なぜ、血圧を下げるのか?
 日本において、高齢者の多くの方は降圧剤を飲んでおられます。
今、日本で最も多い病気はおそらく高血圧でしょう。
確かに血圧が高いと心臓や脳などの臓器の血管に障害が起き、
心筋梗塞や脳卒中などの生活習慣病が発生しやすくなります。
その予防として、降圧剤で血圧を下げています。
一般に人は齢をとったり、と血圧が上がります。血管の老化や動脈硬化では、
血圧を上げないと、血液が体のすみずみまで流れません。
降圧剤で血圧を下げると、必要とされている栄養が末端にまで届かなくなります。
降圧剤を服薬後、血圧値は正常に戻ったが、
逆に頭がボーっとしたり、ふらついたりすることがあります。
そのような場合には、漢方薬の服用や足腰を使ってよく歩くことで、全身の血の巡りを改善します。

 ※ふらつきがひどい場合は、歩くのを控えましょう。
ページトップへ
2018年11月5日(月)
咳いろいろ
 秋は空気が乾燥して、肺や気管支を痛めやすく、呼吸器のトラブルを起こしやすい。
中でも咳や痰などの症状を訴える方が増えます。
咳の多くは肺や気管支が痰などの異物を取り除こうとする生理的な反射でもあることから、
単なる「咳止め」で止めてしまうと、かえって異物をノドに残し、
病気を持続させたり、悪化させたりすることになります。

 漢方には、「病を治すには、必ず本に求む」とあり、
必ず五臓六腑(現在でいう内臓)のどこかに咳をする原因があるはずだと考えます。
それを充分に見極めることが大切です。
一般に、咳は肺の病変だから肺咳といわれ、小青竜湯や麻杏甘石湯などを用いることが
多いですが、腎や心、肝、脾などの病変であることもあり、
専門家にしっかり鑑別してもらいましょう。
ページトップへ
2018年10月31日(水)
秋のアレルギー
 食欲の秋、スポーツの秋。漢方では、秋は容平(ようへい)
(収穫の秋、花咲き物がみな実を結び、平らかに定まること)で、乾燥の季節です。
漢方の五行説では、秋は金の行に配され、肺、鼻、皮膚、大腸と関連が深い。
したがって、乾燥する秋は呼吸器の肺、鼻、皮膚の器官がトラブルを起こしやすくなります。
そのトラブルのうち、肺(気管支)で起きる喘息、鼻で発症する花粉症、皮膚がかゆくなる
アトピー性皮膚炎などは3大アレルギー疾患です。

 最近の研究では、同じ金の行にある「大腸」が免疫の大元締めとなって
アレルギーに関与していることがわかりました。
2000年もの前に考え出された漢方の理論が今も脈々と生き続けているのは、大変な驚きです。

五行説についてもっとお知りになりたい方はこちらへ
ページトップへ
2018年10月29日(月)
つれづれなるままに
 本日より「漢方つれづれ」を始めます。
ここは梅田にある漢方薬局です。
漢方薬や民間薬(今風にいえばサプリメント)しか扱っていない専門の小さな薬局です。
クスリの量販店のように四六時中、お店に人がいる訳ではありませんので、
ちょっぴり空いた時間が生まれます。
それを利用して、日々感じること、うれしいことや悲しいことなどを
つれづれに書き綴っていきたいと考えております。

 お店の再出発にあたり、この店のキャッチフレーズをつくりました。
「いつでも、漢方や健康について、気軽に相談できる梅田薬局」としました。
ぜひ、これを読むだけではなく、お気軽にお店の方にもお越しください。
ページトップへ