漢方つれづれ

2019年2月18日(月)
花粉症の季節
 花粉症はアレルギー疾患のひとつで、喘息や皮膚炎と同じ免疫の異常です。
免疫(疫から免れる)とは外敵(ウイルス、細菌、花粉など)から身を守る
体の防衛システムです。このシステムがなければ、人は簡単に外敵に侵されてしまいます。
その防衛システムが、異常に強く働くと自分自身の細胞を傷つけ、炎症が発生します。
したがって、免疫システムは強くても、弱くても健康ではないわけで、
まさに中庸でなければなりません。

花粉症はスギ花粉がアレルゲンとなって発症するものですが、
それを異常に感じて、徹底的に排除するとならないかというと、
それよりも異常なきれい好き、清潔感が免疫異常を高めているとの見解が出されています。

2019年2月12日(火)
効かせ方を追求する漢方
 西洋医学が進んだ日本の現代医学はいろいろな病気を克服し
人類に貢献してきました。抗生物質ができ、ステロイド剤が登場し、
今再生医療としてiPS細胞が発見され、自分の皮膚からいろいろな臓器をつくれるような時代が
近い将来やってくるかも知れません。
現代医学は新しい薬(技術)をどんどん発見して日本人の平均寿命を延ばしてきました。
一方漢方薬はどうでしょう。

使う薬は2~3千年前と少しも変わらず、草根木皮などからできた薬草を使って治療しています。
食品に近い薬であっても、それが病人の証(しょう)(体質・症状)に合えば、よく効きます。
西洋医学は効く薬を探し、漢方では昔からある薬で、効かせ方を追求してきたのです。
今、西洋薬だけでなく漢方薬を一緒に使われるお医者様も増え、
漢方薬の力が見直されています。

2019年1月25日(月)
病人を治す漢方
 一般に病気は、正気(せいき)(抵抗力、免疫力など)と外邪(がいじゃ)
(病原菌やウイルスなど)の力関係でなります。
西洋医学では外邪をより強力な武器(クスリ)で攻撃します。
しかし漢方では、正気の方を高めることで、
体内の病毒を退散させることができると考えます。

したがって、体のバランスを漢方薬で整えることができれば、治療につながるわけです。
現代医学の放射線治療や化学療法剤ではガンそのものをやっつけることもできますが、
人体の正常細胞自身もそれによって攻撃されるので、ガン細胞はなくなったが、
正常細胞まで弱ってしまい体調を崩してしまうということにもなりかねません。
そんな時によく使われる漢方薬が、十全大補湯や補中益気湯、玉屏風散など、
体力を補う人参や黄耆などが配合された補剤です。
大病をした後、または術後などで体が弱っているときや、産後の体力回復などの目的で
よく使われているお薬です。

2019年1月23日(水)
冷え症の漢方
 冷えや寒さ(寒邪(かんじゃ))に侵されると、「冷える、流れが止まる、縮こまる」という
体の変調が現れます。すなわち、手足やお腹が冷える、全身が寒いなど、
気血の流れが停滞する、寒いと指が縮こまる(かじかんで上手く動かせない)などの訴えが出ます。
こんな時には体を芯から温める漢方薬がよいでしょう。
体を温める附子(ぶし)や乾姜(かんきょう)などが配合された桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)、
人参湯(にんじんとう)などを服用するとすぐに体が温まってきます。
また、直接的ではありませんが、血液の循環を良くすると、すみずみまで血液が行き渡り、
結果的に体が温まります。
それには、当帰(とうき)、川芎(せんきゅう)、芍薬(しゃくやく)などが配合された婦人宝(ふじんほう)や
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、五積散(ごしゃくさん)などがあります。
中でも婦人宝は飲みやすいシロップ剤で冷え症を改善するお薬です。

漢方薬を上手に使って、身も心も温かく!

2019年1月21日(月)
風邪は万病のもと
 風邪(かぜ)はあらゆる病気を引き起こす原因になりますから、
軽く見てはいけません。用心が必要です。

かぜというのは、一般に西洋医学でいうかぜ症候群
(悪寒、発熱、頭痛、呼吸器疾患などが中心)です。
一方、漢方では、風邪(ふうじゃ)と読み、突然発病したり、病状が激しく変化する
風(ふう)の邪気(じゃき)を指します。
自然界の風は、インフルエンザなどのウイルス、いろいろな病原菌、鼻炎を起こす花粉など、
目に見えない邪気を運んできます。
したがって、かぜ症候群以外の感染症もたくさん含まれることになり、
重篤な肝腎の病なども、ある程度病気が経過すれば明らかになりますが、
発症初期には、かぜと同様の症状を呈します。
たかが風邪、されど風邪という戒めです。

※東洋医学では、風邪(ふうじゃ)は、肩甲骨の間にある
 風門というツボから入ってくると言われています。
 ゾクッときたら、風門のあたりを温めると良いそうです。

2019年1月16日(水)
六不治
 紀元前90年頃に書かれた『史記』の「扁鵲(へんじゃく)・倉公伝」には
患者の病気に対する取り組み、心構えなどについて記されています。
それが、名医・扁鵲が唱える六不治(ろくふち)(病気が治らない原因)です。

一の不治。おごり高ぶり、わがままで、道理が分からない。
二の不治。体を軽んじ、財を重んじる。
三の不治。着るもの、食べるものが適切でない。
四の不治。陰陽や五臓の働きが一定しない。
五の不治。衰弱して薬を服用できない。
六の不治。巫(みこ)や呪(まじな)いを信じて、医者や医学を信じない。
※四の不治は、陰陽の気が乱れて、内臓の気が安定しないと
 体はバランスを崩して病気が長引くこと。

現在でも充分に通じますね。

2019年1月15日(火)
耳鳴りの漢方
 耳鳴りにぜひ漢方薬をお試しください。
耳鳴りは老化現象のひとつでもあり、腎(じん)という臓器の衰え(腎虚(じんきょ))により
起こります(ジージーという低音の耳鳴り)。
また、精神的な不安や悩みを抱えている場合には、若い人でも起きることがあります。
それは肝(かん)の異常(キーンキーンという高音の耳鳴り)から来ています。

この両方に良い漢方薬が滋腎通耳湯(じじんつうじとう)です。
腎を滋養して、耳を通じさせる薬という意味の処方です。
処方名には肝を整える意味は入っていませんが、配合成分には柴胡(さいこ)や香附子(こうぶし)、
川芎(せんきゅう)といった肝気の流れをよくする生薬(この3つの生薬で通気散という処方)も
しっかり含まれています。耳鳴りと共に難聴も改善してくれるのです。

2019年1月9日(水)
耳鳴りとは
 聴力が衰えると当然音が聞こえにくくなります。
これを難聴(なんちょう)といいます。
齢をとると、特に高音部の音が聞こえにくくなり、大きい声で周りの人から呼ばれても
分からないのに、低音で自分の悪口などをささやかれたりすると
すぐに感づくのがお年寄りの聴力の特徴です。
また、難聴なのに、静かな夜になると、耳のあたりで、ジージー、キーンキーンという音が
執拗に鳴り続ける経験はありませんか。これが耳鳴りです。

耳鳴りは気になって鬱陶しいものです。
耳鳴りと難聴の原因は同じで、難聴で聞こえにくいため、音を感受する脳が感度を上げて興奮し、
必要でない音(自分の心臓の拍動)まで拾い、雑音(耳鳴り)となります。
すなわち脳の過剰反応なのです。

2019年1月7日(月)
つもり違い
 あけましておめでとうございます。
本年も小太郎漢方梅田薬局をどうぞ宜しくお願い致します。

 名刹の高僧が考えたといわれる「つもりちがい十ケ条」
1.高いつもりで、低いのが、教養。
2.低いつもりで、高いのが、気位。
3.深いつもりで、浅いのが、知恵。
4.浅いつもりで、深いのが、欲望。
5.厚いつもりで、薄いのが、人情。
6.薄いつもりで、厚いのが、面皮。
7.強いつもりで、弱いのが、根性。
8.弱いつもりで、強いのが、自我。
9.多いつもりで、少ないのが、分別。
10.少ないつもりで、多いのが、無駄。

なんとも、人間の核心をうまくついている名言ですね。

2018年12月25日(火)
七草粥
 人日(じんじつ)の節句(1月7日)の朝に、7種の野菜が入った
「七草粥」を食べると邪気を払い万病を除くと古くから言い伝えられてきた風習があり、
この七草粥に用いる7種の野菜(草)を「春の七草」といいます。
お正月におせち料理やお餅を食べ過ぎて、疲れ気味の胃を休めるための薬膳食が七草粥です。
その七草には、
 ●なずな(ぺんぺん草)
 ●せり(芹)
 ●ごぎょう(御形、母子草)
 ●はこべ(ら)
 ●ほとけのざ(田平子)
 ●すずな(蕪)
 ●すずしろ(大根)
七草のうち、すずな、すずしろの2つには、根にジアスターゼ、葉にはカロテン、
ビタミンC、カルシウムが含まれていて、胃腸の働きを助けます。
お正月におせち料理やお餅を食べ過ぎて、疲れ気味の胃を休めるための薬膳食が七草粥なのです。

気が付けばもう年末ですね。平成最後の年と騒がれる本年、災害の多い一年でした。
どうか来年はいい年になりますように!

2018年12月17日(月)
屠蘇散
 お正月の風物詩・屠蘇散(とそさん)。
屠蘇散は、中国三国時代に華陀(かだ)という名医が十種類の薬草を調合して、
酒に浸して飲んだのが始まりといわれています。
邪気を屠(ほふ)り、魂を蘇(よみがえ)らせるところから「屠蘇」と名付けられ、
「年の初めにこれを服する時は年中の災厄を避け、福寿を招く」と伝えられています。
また、日本では嵯峨天皇の弘仁年間に宮中の儀式として用いられたのが始まりと言われています。
以後、人々はこれに倣(なら)って1年間の健康を祈願する縁起行事として、
お正月に屠蘇酒で新年を祝うようになりました。
大晦日の夜、お酒に一夜冷たく浸しておき、元旦、雑煮を祝う前に年少者より順次、
新年の縁起と長寿を祈念して召し上がります。

ただいま梅田店では、お買い上げのお客様にこのお正月の必需品、屠蘇散をお配りしております。
ご興味のある方は是非いらしてください。

2018年12月10日(月)
補肝腎強筋骨
 齢をとるということは、骨や筋肉が衰えることでもあります。
漢方の五行説では、骨には腎、筋力には肝が関わっていると考えます。
したがって、漢方でいうところの腎や肝を強化することが運動器の治療に直結します。
そういうときに用いる漢方薬が独活寄生湯(どっかつきせいとう)です。
腎が弱ると骨が異常をきたし、充分に曲げることができなくなります。
また、肝が弱ると筋肉が衰え、充分に筋(すじ)を伸ばすことができなくなります。
特に階段の昇り降りは、昇る時に骨を使い、降りる時に筋を使うので、
腎と肝が弱ると階段の昇り降りに苦労します。

独活寄生湯の働きは補肝腎強筋骨(ほかんじんきょうきんこつ)といって、
肝腎の働きを補って、筋肉や骨を強くすることで、
階段の昇り降りも円滑にできるようになります。
2018年12月1日(月)
漢方でロコモ対策
 日本人の平均寿命が80歳を超えて久しいですが、
今はどちらかというと健康寿命という寿命の質を重視しています。
元気で自分の身の回りのことができればよいのですが、亡くなるまでの10年間寝たきりになったり、
思うように体を動かすことができなくなったりするなどで介護が必要となると、
老後の生活が不自由になり、家族にも苦労をかけることになります。

 寝たきりになる原因のトップがロコモ(運動器の障害、運動器症候群)です。
次に脳卒中、認知症と続きます。
そうなると、せっかく長生きしても苦労の多い人生になってしまいます。
少しくらい腰やヒザが痛いからといって、それをかばって使わなくなると、
さらにその部分が退化します。寝たきりになる前の予防こそが大切です。
 日頃からしっかりと足腰を使うことです。
2018年11月26日(月)
その下痢、止めるの? 出すの?
 下痢には感染性下痢「痢疾(りしつ)」と慢性下痢「泄瀉(せっしゃ)」があります。
痢疾は細菌(食中毒)によって起こるもので、炎症(熱)や腹痛を伴います。
便意をもよおしてトイレに駆け込んでも、実際のところ便はあまり出ません。
このような状態を何度も繰り返し、肛門が痛くなるばかり。
 一方、泄瀉の方は、元々胃腸虚弱な上に、お腹が冷えたり、食べ過ぎたりするとサッと下ります。
体が痩せていて血色が悪い方によく見られます。
泄瀉タイプは慢性的に下痢しやすく、栄養が身に付かず、下痢をすると疲れてゲッソリします。
だから、このような慢性下痢は早く止めた方がよい訳です。
しかし、逆に痢疾はむやみに下痢を止めると細菌をお腹に残すことになりますので、
出した方がよいのです。
2018年11月19日(月)
口のかわき
 口のかわきには、漢方では「口渇(こうかつ)」と「口乾(こうかん)」の2つがあります。
口渇は「ノドが渇いて湯水を飲みたがる」。
口乾は「口内が乾燥して、だ液が少なくなるが、特に湯水を欲しがらず、ただ口をすすぎたがる」。
口渇は熱証の方や体に炎症が起きている時に多く、
口乾は虚証で、身体の体液(血水)が不足し、巡りが悪い時に訴えます。
口のかわきが糖尿病や熱中症で起きている場合は、その病自体を治せば口のかわきも良くなりますが、
そのような病もないのに、やけに口がかわくという場合は
ドライシンドローム(乾燥症候群)と考えられます。

 ただ水を飲むだけでは解決しません。
漢方では、このような症状には甘露飲(かんろいん)や麦門冬湯(ばくもんどうとう)などを使います。
2018年11月12日(月)
なぜ、血圧を下げるのか?
 日本において、高齢者の多くの方は降圧剤を飲んでおられます。
今、日本で最も多い病気はおそらく高血圧でしょう。
確かに血圧が高いと心臓や脳などの臓器の血管に障害が起き、
心筋梗塞や脳卒中などの生活習慣病が発生しやすくなります。
その予防として、降圧剤で血圧を下げています。
一般に人は齢をとったり、と血圧が上がります。血管の老化や動脈硬化では、
血圧を上げないと、血液が体のすみずみまで流れません。
降圧剤で血圧を下げると、必要とされている栄養が末端にまで届かなくなります。
降圧剤を服薬後、血圧値は正常に戻ったが、
逆に頭がボーっとしたり、ふらついたりすることがあります。
そのような場合には、漢方薬の服用や足腰を使ってよく歩くことで、全身の血の巡りを改善します。

 ※ふらつきがひどい場合は、歩くのを控えましょう。
2018年11月5日(月)
咳いろいろ
 秋は空気が乾燥して、肺や気管支を痛めやすく、呼吸器のトラブルを起こしやすい。
中でも咳や痰などの症状を訴える方が増えます。
咳の多くは肺や気管支が痰などの異物を取り除こうとする生理的な反射でもあることから、
単なる「咳止め」で止めてしまうと、かえって異物をノドに残し、
病気を持続させたり、悪化させたりすることになります。

 漢方には、「病を治すには、必ず本に求む」とあり、
必ず五臓六腑(現在でいう内臓)のどこかに咳をする原因があるはずだと考えます。
それを充分に見極めることが大切です。
一般に、咳は肺の病変だから肺咳といわれ、小青竜湯や麻杏甘石湯などを用いることが
多いですが、腎や心、肝、脾などの病変であることもあり、
専門家にしっかり鑑別してもらいましょう。
2018年10月31日(水)
秋のアレルギー
 食欲の秋、スポーツの秋。漢方では、秋は容平(ようへい)
(収穫の秋、花咲き物がみな実を結び、平らかに定まること)で、乾燥の季節です。
漢方の五行説では、秋は金の行に配され、肺、鼻、皮膚、大腸と関連が深い。
したがって、乾燥する秋は呼吸器の肺、鼻、皮膚の器官がトラブルを起こしやすくなります。
そのトラブルのうち、肺(気管支)で起きる喘息、鼻で発症する花粉症、皮膚がかゆくなる
アトピー性皮膚炎などは3大アレルギー疾患です。

 最近の研究では、同じ金の行にある「大腸」が免疫の大元締めとなって
アレルギーに関与していることがわかりました。
2000年もの前に考え出された漢方の理論が今も脈々と生き続けているのは、大変な驚きです。

五行説についてもっとお知りになりたい方はこちらへ
2018年10月29日(月)
つれづれなるままに
 本日より「漢方つれづれ」を始めます。
ここは梅田にある漢方薬局です。
漢方薬や民間薬(今風にいえばサプリメント)しか扱っていない専門の小さな薬局です。
クスリの量販店のように四六時中、お店に人がいる訳ではありませんので、
ちょっぴり空いた時間が生まれます。
それを利用して、日々感じること、うれしいことや悲しいことなどを
つれづれに書き綴っていきたいと考えております。

 お店の再出発にあたり、この店のキャッチフレーズをつくりました。
「いつでも、漢方や健康について、気軽に相談できる梅田薬局」としました。
ぜひ、これを読むだけではなく、お気軽にお店の方にもお越しください。